こんにゃく湿布

昨日は風が吹いて寒い一日でしたね。
夜はこんにゃく湿布で腎臓のケアをしました。
冬に活発に活動する腎臓ですが、毒素をため痛めやすい時期でもあります。こんにゃく湿布と梅しょう番茶を飲んで寝ました。
大根・にんじん・ゴボウなどの根菜類を食べるのもよいですね。

また、春は、肝臓です。
肝臓は、抑鬱を嫌います。
腎弱ると→決断力鈍る→気が沈む→鬱屈する

肝臓には、ニラやネギがいいです。
ネギは、陰性食品ですが殺菌解毒・血液循環促進・消化液の分泌を増加してくれます。

ニラは、長寿の野菜といわれています。
ニラは、肝臓を温め、陽の気を助け、脾臓や胃の強化に役立ちます。

コメント


認証コード4375

コメントは管理者の承認後に表示されます。